恋愛結婚男女の心理

離婚したいけど…それでも仮面夫婦を続ける血液型は?

この記事は2分で読めます

お互い、一生を共にするのならこの人だ!と決めて
結婚した相手だとしても、様々な理由でやっぱり離婚したい。

google Sponsored Link1

と思う人もいるようですね。

離婚したいけど、簡単には離婚できない人も多いですね。



  • 先々の生活に不安が・・・。
  • 子供がいて・・・。
  • 世間体が気になって・・・。
  • 経済的に不安で・・・。

理由は様々です。もちろん離婚して、人生の再スタートを
きれたら良いのでしょうが、なかなか難しいようです。

そうした場合は、例え気持ちが冷めてしまっていても、
我慢して生活しなくてはなりません。

そんな中でも、残りの人生、やりくりするには、お互いに必要以上に
干渉しない『仮面夫婦』という選択肢になるかと思います。

そこで、今回の占いは仮面夫婦であっても結婚を続ける血液型タイプです。


仮面夫婦であっても結婚を続ける血液型タイプ

第1位:A型

どんなに愛が冷め切っていても
他人の前では仲良くする仮面夫婦


世間体を気にかけるA型は、体裁を整えようとします。
そのため、すっかり愛が冷めてしまい、夫婦仲が険悪でも
他人の前ではそんな様子を全く見せません。

個人的な問題を外に持ち出すことは、だらしないことと
考えているため、
本音と建前、表向き、裏向きの顔を使い分けます。

これが大人の振る舞いで、けじめだと思っています。
A型は仮面夫婦を続けるタイプです。


第2位:AB型

女優のような演技力で
険悪な関係や気まずさを隠蔽


AB型はポーカーフェイスで基本的に感情をあまり外に出しません。

夫婦が険悪な関係だったとしても、他人の前では、何事も
無いような素振りでいることも出来ます。

よそよそしく感じるところがあっても、極力冷静に、
動じている素振りを相手にも他人にも見せたくないと思います。

したがって、トラブルがあると余計に平然と構えようとします。


第3位:O型

仲の悪さがバレても平気。
人前で堂々と喧嘩する正直者


何か問題があっても、強がって明るく振舞うことがありますが、
仲が悪い相手に対しては、歩み寄る様子を見せません。

夫に対して、気に入らないところがあれば、人前でも堂々と
喧嘩をしてしまう事がありそう。

むしろ喧嘩中という事を、公表し、感情を発散させて憂さ晴らしする事も。
あまり体裁を取り繕うことに意味を感じないタイプです。


第4位:B型

一秒でも一緒にいるのはイヤ!
仮面をかぶれずに周囲にバレバレ


何も感じない程、冷め切った関係の場合は別ですが、
辛いと思ったらその場にいることもできません。

相手が嫌だと一緒にいることさえも厳しくなって、
二人きりでいることが、なくなります。

どうしても夫婦で、人前に出なければならない時は、
となりにいても会話をしないなど、誰が見ても
わかる態度
をとりがちです。

google Sponsored Link2

仮面夫婦でもそれはそれで良いと思う

さて、今回は、離婚したいけど、できない理由があった場合に
仮面夫婦を続ける血液型の占いを行いました。

世間一般論として、仮面夫婦はあまり良くない事という
認識がありますが、僕の意見は少し違います。

僕は例え仮面夫婦であったとしても、全然良いと思うんですよ。

人間が生きていく上での、最終的な目標は、豊かな人生です。
仮に仮面夫婦だったとしても、それが豊かな人生を送る上で
最善の方法であるのならば、その判断は間違っていないと思います。

仮面夫婦になるまでの間、お互いに歩み寄ろうと頑張って
お互いを好きになろうと(嫌いにならないようにと)
頑張ってきたわけです。

それでもうまくいかなかったのは、


  • 価値観の違いだったり
  • 仕事などが忙しく思うように行動できなかったり
  • そもそもタイミングが合わなかったり

など、今回は環境が悪かった。
そう言ったことではないかと思います。

一生仮面夫婦のまま過ごすのか、それとも
子供が独立するまでなのか、僕にはわかりませんが、


ただひとつ言えることは、常に自分を進化させ続けることです。



それは、


  • 資格を取る
  • 人脈を広げる
  • 能力を身につける

など、生きていく術を身につけるということです。
いざ、仮面夫婦の状況から、環境が変化した時に
対応できるように、その先を見据えた行動を起こして
おくことが重要だと思います。

実りある人生を送るために、自己の進化を続けて
行きましょう^^



google Sponsored Link3

あわせて読みたい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

google スポンサードリンク

プロフィール

RETURN TOP